外資系企業への転職での注意点

外資系へ転職するには気を付けなければいけないポイントがあります。知らないと転職できなかったり、転職後にこんなはずじゃなかったのにとなるでしょう。ここでは外資系企業へ転職するときの注意点を紹介していきます。

面接で求められることが違う

外資系の企業では、日本の企業とでは求められることが異なります。日本の企業の面接の際には、即戦力であることも期待されますが、あくまでも基本的な能力が身についているかということを判断されます。それより…

Read More »

福利厚生に気を付ける!

外資系企業への転職を考えているときには福利厚生について日本の企業とはだいぶ違うところがほとんどだということを念頭に置いておきましょう。海外では給料を手厚くする代わりに福利厚生と呼べるようなものは最…

Read More »

>

経理の転職に有利な資格は?

給与は年収ベース!手取りがいくらになるかは計算する必要あり!

外資系企業は年俸制を採用している

外資系企業に転職したいと考えている人の多くは、給与のアップを期待して転職を考えています。もちろん、外資系企業への転職は給与がアップすることが多いですが、求人に記されている給与を何も考えずに信じ込んでしまうのはよくありません。外資系企業の給与体系は、日本の給与体系とは異なるので、よく知っておくことが重要です。基本的に外資系企業は年俸制を採用しています。年収ベースで考えており、それを12等分して月々支払う形です。年収ベースの基本給に、成果に応じたボーナスが支払われます。また、この金額は税金などをのぞいていない金額です。そのため、実際の手取り額は大幅に下がる可能性も大いにあり得ます。手取りがいくらになるかを計算してから転職を考えることが重要です。

外資系転職をする際には給与の交渉を

外資系企業の給与体系は、年収ベースであり、12分割された基本給にボーナスがプラスされて支払われるものです。この基本的な形は変わりませんが、日本の企業とは異なり、外資系企業では給与の交渉をすることが一般的とされています。そのため、転職したい外資系企業の給与が希望にそぐわない場合は、それで諦めるのではなく給与交渉をしてみる方が良いでしょう。ある程度転職活動が進んだ段階になってから、自身の現在の給与を考えて、他社が提示した給与額なども持ち出しながら交渉します。交渉することが苦手な場合には、転職エージェントの力を借りるのも役立ちます。最初から給与の話を持ち出すことができないならば、ある程度成果を出し次の年の基本給アップを要求するという方法もあります。

外資系企業への転職マニュアル

外資系へ転職するときには知っていると役立つ知識があります。外資系だからこそ必要となるポイントもあるのです。知っていると転職しやすくなる可能性もあるでしょう。ここではそんな役に立つ知識を紹介していきます。

転職企業を決めるポイント

転職するには自己主張が必要!

成功する転職と失敗する転職!違いはこれだ!